スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

勝手に作家紹介 vol.3【双子土龍】

過去に二人の作家さんを紹介してきました
『勝手に作家紹介』ですが今回で三回目となります。

最後に上げた記事から1年以上が経過しているので改めてブログの内容について説明したいと思います。

『勝手に作家紹介』は今まで参加させてもらったクラフトイベントや催事・展覧会などで出会った多くの作家・アーティストの方々を
文字通り勝手に紹介していく記事でございます。

最近はクラフトイベントに限らず百貨店でも作家さんを集めた催事が開かれることが多くなってきていて、直接作家の作ったもの(作品)を手に取る機会は増えてきていますが、まだまだイベントや催事だけでは伝わりきらない作家の魅力なんかをちょこっとでもこのブログを読んでいただくことで知ってもらえればと思っております。
紹介する作家さんに対して私個人の思いや感じ方をつらつらと綴っている部分もありますが
作家さんの作品に触れ合うきっかけやとっかかりとして楽しんでもらえれば幸いです。


では今回紹介する作家さんはこのお方!


【双子土龍(ふたごもぐら)】
双子土龍_170201_0001

Cm2t801UIAAqzj_.jpg


双子の兄弟、西恭平と西修平が地元長崎でたちあげた焼き物器のブランドです。長崎らしさを器に込めて和・洋・中の文化が混ざり合う長崎特有の世界観の中に独自のデザインを織り込んだ器を作陶しています。
また2014年10月から佐世保にほど近い川棚にて、アトリエ兼セレクトショップの“ふたごモグラのお店”をオープンされております。

双子土龍のホームページ[https://futagomogura.jimdo.com]
face bookページ[https://www.facebook.com/futamogu/]



双子土龍さんとの出会いは2014年の阪神百貨店の催事でした。
会期中は同い年ということもあって沢山話をしてそこから今に至るまで仲良くしていただいているのですが、どんな話をしたのかは長くなるのでそれはまた別の機会に。。。




CjgZFGHUYAAVlC-.jpg
会期中に一目ぼれで購入したカップ&ソーサー。

ろくろではなく手びねりで作られた器には手のぬくもりが感じます。
いつも淹れてるコーヒーもこれで飲むとよりホッと温まります。


双子土龍_170201_0010
同じ手法で作られたマグカップ。

カップの凹凸模様も自作の道具で一つ一つ付けられています。
釉薬の濃淡と凹凸の模様でより立体的で奥行きを感じますね。

手びねりで作るカップソーサーやマグカップはどれだけ同じ物にしようと思って作っても「必ず個々に表情の差が大きく出てくる」のでそこが面白いと弟モグラ(修平さん)が言っておられました。
だから自分はあのカップソーサーに一目惚れしたのかと納得。



続いての作品はこちら

Cz8Y9lBUsAAYPoI.jpg
『少年ごころの歯車シリーズ』

一度乾燥させた器にアイスピックで削りながら模様を彫り込んで描かれています。
色彩のメリハリもありながら手彫りで描いた模様独特のタッチが印象的です。

双子土龍_170201_0003
歯車模様の他にも唐草模様もあります。

双子土龍の描く曲線が個人的に凄く好きです。
生き物のようでいて模様的で、古っぽさも感じれば新しいものに見えてきたり、その時その時の自分の気持ちで印象が違って見えるのでとても面白いです。




そして今個人的に一番好きな双子土龍の作る器がこちら

CwUnDw8UsAEgyZU.jpg

CwUnDw9UcAA4ic6.jpg

これまで紹介してきた器のデザインとは対照的に凄くシンプルな形なんですが、この器に秘められた想いに共感できる人も多いのでは?

「ファンタジーの世界の住人たちが使う食器」

そう言えばグッと心を掴まれる人も多いのでは?
誰もが一度は「あの食べ物美味しそう」と思ったことのある、ゲームやアニメの登場人物達が酒場で旅の疲れを癒し、明日への活力を得る為の食事の時こんな食器を使って食べてませんか?

『自家製蜂蜜酒、クルミのパン、とろとろの肉が入ったシチュー』とか目に浮かびませんか?



器は日常生活を過ごす中で誰しもが必ず一日に一度は手にするモノだと思います。
つまり、自分の生活圏内に一番身近における作品が『焼き物作家の作る器』なのではないでしょうか?

普段使う食器を自分好みの作家の作る食器にするだけで、いつもの食事がその人だけのちょっとした特別な時間に変わるかもしれませんね。



久しぶりの投稿で書きたい事が膨らみ過ぎて長くなってしまいましたが、私にとっての「ちょっとした特別な時間」を日頃から提供してもらっているので【双子土龍】さんを今回勝手に紹介させていただきました。


ではでは次回の「勝手に作家紹介」をお楽しみに♪




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スチームパンクアクセサリーブランド 【GEAD】のHPはこちらからどうぞ → GEAD

Twitter  彫金師 佳 @maholoba0123
      ロレーナ・フォン・ヴァルモーデン @GEADcity

Instagram @geadcity

【Atelier café CAST】
[所在地]〒665-0045 兵庫県宝塚市光明町3-2
[tel]0797-63-5727/[mail]welcome_to@cafecast.org
[open]10:00/[close]18:00/[定休日]火曜日,水曜日
[徒歩]阪急小林駅より南へ徒歩15分
[お車]近辺にコインパーキングがございます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

2017/02/04 (Sat) 10:17 |作家紹介のコーナー。 |コメント(0)

勝手に作家紹介 vol.2【駒井春樹】

スチームパンクアクセサリーブランド【GEAD】のnavigator兼craftmanをしております、ワタクシ彫金師の佳と申します。

唐突に始まりました【勝手に作家紹介】ですが、前回からおよそ1カ月が経ちました。

『勝手に作家紹介』は今まで参加させてもらったクラフトイベントや催事・展覧会などで出会った多くの作家・アーティストの方々を
文字通り勝手に紹介していこうというコーナーでございます。

まだまだ小さなブログでございますが、より多くの人達に一人でも多くの素敵な作家さん達が紹介できるきっかけ作りができたらなーと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

では、まいりましょー!!


彫金師 佳の 勝手に作家紹介 vol.2
二人目となる作家様は【駒井春樹】さんです。(駒井さんのHPはこちらからどうぞ→HARUKI KOMAI GRAPHIC OFFICE


【駒井 春樹】
イラストレーターとして個展・グループ展・アートイベントを中心に活動しながら
大阪総合デザイン専門学校で講師として指導もされています。
さらには、自身で「GENSOU PROJECT」なるものを立ち上げ企画展のプロデュースや海外イベントの企画立案などもされていたりと
非常にクリエイティブな活動をされています。



そしてワタクシ佳がnavigatorを務めております
スチームパンクアクセサリーブランド【GEAD】のビジュアルイメージやイラスト類を全て描いてもらっています。


GEAD ビジュアルイメージ


駒井さんの描く世界は繊細と緻密の極致とも言えるような圧倒的な画力で、見る人をその世界の中に引き込む力・・・
ある意味「魔力」にも近い魅力があります。

駒井さんにGEADを描いてもらえることになり、よりリアルで奥行きのある世界が広がったと思います。



2.jpg



静止画でありながら動きや物語を確かに感じるものが多く
本当に今まで動いていた世界(空間)を切り取ったようで、そこに住む人の息遣いや行き交う人達の服の衣擦れの音が聞こえてくるのです。


ヘンドリック挿絵2-2


是非、駒井さんのHPから今まで描き上げてこられた作品を見てください。
きっと皆さんも駒井さんの描くファンタジーの世界の虜になることでしょう。




凄い絵力のある大先生(勝手にそう呼んでます)な駒井さんですが、
実は直接お会いしたらとても気さくで話しやすい方で、出会って4秒もしないうちにレベルの高い(低い?)親父ギャグをぶち込んでくれます。
また日頃から何かしらの手品を仕込んでいたり・・・とにかく人を楽しませるのが大好きなエンターテイナーな人です。(だからこそ魅力的な絵が描けるんですね)

そんな、魅力を上げると切りのない【駒井春樹】さんを第二回目となりました『勝手に作家紹介』にて御紹介させていただきました。
これからも駒井さんの描くGEADのイラストを楽しみにしております!!






最後になりましたが此処で一つ告知をば・・・

今回ご紹介させていただきました
駒井さんが企画されたグループ展にGEADも参加させていただきます!

お時間のある方は直接駒井さんの作品と触れ合うイイ機会ですのでぜひお越しくださいませ。



【仮面とカーニバル展】


dm955c.jpg


会場:IRORIMURA 89画廊・CLEF(HP→http://irori2005.com/
会期:2015年10/21(水)〜10/26(月)
時間:12:00~20:00(最終日は、18:00まで)

パーティー 10/25(日)16時~20時(89画廊)★仮装での参加大歓迎★
勿論ナビゲーターとして当日は正装で参りますのでスチームパンカーの皆様のお越しをお待ちしております!


イベントの詳しい情報についてはこちらからどうぞ→http://www.gensou-p.com/mce.html




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スチームパンクアクセサリーブランド 【GEAD】のHPはこちらからどうぞ → GEAD

Twitter  彫金師 佳 @maholoba0123
      ロレーナ・フォン・ヴァルモーデン @GEADcity

Instagram @geadcity

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇






2015/10/03 (Sat) 11:30 |作家紹介のコーナー。 |コメント(0)

勝手に作家紹介 vol.1 【studio Roy】

いつも拙いブログを読んでくださる皆様おはようございます。
そして今回初めてブログまで遊びに来てくださいました皆様はじめまして

スチームパンクアクセサリーブランド【GEAD】のnavigatorをしております。ワタクシ彫金師の佳と申します。


普段はイベントや催事、GEADの新商品やストーリー等の記事を中心に日々の制作活動をブログ記事として公開させていただいております。


個人で活動をして約5年、これまで沢山の作家さんやアーティストの方達とお会いしてきました。
そこで、ブログタイトルの通り今まで出会いお世話になった作家様を勝手に紹介していきたいと思います。



彫金師 佳の 勝手に作家紹介 vol.1
最初の作家様は【stodio Roy】さんです。(facebookページはこちら→studio Roy


1472732_482427331875970_1904537702_n.jpg


【studio Roy】
彫金作家Ryoが手がけるアクセサリーブランドで素材は主にsilver、天然石、ガラスを使用しており
ガラスはRyo自らが調合し窯で焼いたオリジナルを使用しています。
地金から一つ一つ作り上げていくスタイルで、より線や唐草模様を使った繊細で細やかなデザインは男女問わず魅了させます。



11406462_785365341582166_3513850967743186031_n.jpg

最初にstudio Royの作るガラスを観た時は本物の宝石と見間違う程の美しさです。(どれだけずーーーーーーーーっと見ていたことか)



Ryoさんが自分の作家人生の中で一番最初に出会った作家さんで、今でも良くしてもらっている一番お付き合いの深い人でもあります。


出会いはGEADを立ち上げるもっと前、ジュエリー会社を退社して作家活動を始めようと準備を始めていた頃
まだ漠然と「地金から作る彫金アクセサリー作り」をしようと思っていた、アメーバブログを通じてRyoさんの作品を観たのがきっかけでした。

宝石と間違う程の美しいガラスにボリュームのあるリングでありながら繊細なデザイン、その全てが地金から作られていることに驚き、まさかの直接メッセージを送るという暴挙(今思えばよくあんなことが出来たなーと・・・)をしでかしたのが始まりでございます。

いきなりの怪しさ満点のファンメールにも関わらず親切にお返事までいただき・・・自分の作家デビューとなった月一に開催されているクラフトマーケットに参加した時も、わざわざ開場まで見に来てくれたときは本当に驚きました。


今でもなんだかんだ言っていつも気にかけてくれたり、おやつくれたり・・・
三度の飯よりも王将の餃子ってぐらいの餃子好きで、愛車の緑ちゃん(kawasakiのバイク)に乗ってフットワーク軽く何処に
でも行っちゃう人・・・
そんでもって肝心な時に風邪をひいたりしちゃうお茶目なところもあったり・・・(笑)

そして今ではワタクシ彫金師佳の取扱説明書を完成させ、他の作家さんに広め「彫金師佳=いじられキャラ」というポジションを植え付けた悪の化身であり、頼れるアニキ的な存在です。

何かといつもお世話になりっぱなしなので、決して足を向けて寝れない先輩ですが
一番仲良くしてくれてる作家仲間の【studio Roy】のオーナーの彫金作家Ryoさんを今回御紹介させていただきました。




本当に勝手に紹介しちゃってるんだけど大丈夫かな・・・・・・・・?




大丈夫だよね??








◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

HPはこちらからどうぞ → GEAD

Twitter  彫金師 佳 @maholoba0123
      ロレーナ・フォン・ヴァルモーデン @GEADcity

Instagram @geadcity

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆





テーマ:ハンドメイドアクセサリー - ジャンル:ファッション・ブランド

2015/09/13 (Sun) 15:11 |作家紹介のコーナー。 |コメント(0)

プロフィール

navigator 佳

Author:navigator 佳
彫金師として現場で制作をするようになって数年が過ぎ、2013年からアクセサリーブランドGEAD(ギアッド)を立ち上げnavigatorとして活動をしております。
まだ見ぬ多くのvisitor様に出会えるよう日々制作活動に勤しんでおりますが、こちらでは制作過程や日々のちょっとした出来事など徒然なるまま赴くままに更新していきたいと思っています。
お暇なときにでもチラッと覗き見していただければ幸いでございます。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。